M'sで理想の女王様との出会い

女王様とのコミュニケーション!

理想のパートナーを見つける出会い!

M'sはアダルトOKな優良出会い

M’sは、M'sで叶う…貴方の願望を満たす理想の女王様との邂逅

M’sは、M'sで叶う…貴方の願望を満たす理想の女王様との邂逅

上司はいつも口煩い… 部下は頼りない… 家庭を守らないと… 頑張らないと… 誰かに甘えたい… 誰かにすがりたい… 自分の本当の表情(かお)を 誰かに見てもらいたい… 褒められたい… 縋りたい… 僕は、満たされたい… 「よく頑張ったわね」 あの日の貴女の声… 横顔…真っ赤な唇… 僕を見下ろす暖かくも冷ややかな視線… ふと思い出した。 ホテルの一室、呼び出された僕は 下着一枚気を付けの姿勢で女王様を待っていた。 ガチャリと音を立てて、あの方が来た…

M'sのサイトに行く

M'sのコミュニティサイトについて

すべてのM男性へ
M'sはS女性とM男性が好みの相手とSMに関するコミュニケーションを通じて関係を深め、 理想のパートナーを見つける事を目的とするサイトです。 単なるエッチ目的やなんとなく興味がある、程度の嗜好の場合はサイト利用者の目的にそぐわず、 いい関係構築が叶わない可能性がございます。 また、他ユーザー様から相応しくないユーザーと判断されご利用が制限される可能性もございます。 自分に合った場所なのか、ご利用前に一度適性を測らせて下さいませ。 貴方様がM’sへの入会に相応しいかの確認をさせて頂きます。 適性不足の場合でも、それに応じた他のサイトへとご案内致しますのでご安心下さい。 テキストを読み進め、適宜設問に答えて頂く形となります。 回答を重ねる毎に、よりM’sの登録へと近づく事となります。 自分として満たされたタイミングで登録していただく形でも問題ありません。 自分の興味が赴くままに素直にご回答頂けたらと思います。 宜しくお願いします! この先に貴方の理想のS女性が必ず待っています。
緊縛
「さぁ、始めるわよ」 いつものあの方の挨拶だ。 僕はそれを聞くだけで今から始まる事を想像し股間の愚息に血流が漲るのを感じる。 背筋を伸ばし、正座姿のまま答えた。 「いい子ね。さぁキレイに縛り上げてあげる」 後ろ手に腕を組まされ…骨の軋む音が聞こえる程縛り上げられていく… スルスルと縄を通すその手先は美しい…この手が僕を縛る為に動いているなんて… 僕は…なんて幸せ者なんだ…うぐぅ… 「何を勃たせてるの?縛るのに邪魔でしょう!」 そう言うと女王様は僕の愚息を踏みにじった。 ヒールが根本に当たって痛くて、痛くて、気持ちいい(照) 「ふぅ…イクんじゃないよ?今度はお前を美しく吊るしてあげるからね」 そう言うと後ろで組まれた腕の間に縄を通し…女王様はどうやったのか、 一気に僕を吊し上げた!あぁ…僕はこれからどうなってしまうのだろう… 今夜はまだ始まったばかりだ…。
苦痛
真っ暗な闇の中、ヒールの音と共にビュン、ビュンと空気を裂く音が近づいてくる。 その度に空気の振動が僕の肌に触れる…次第に強くなってくる。 次だ!そう感じ、突き出した剥き出しの尻に力を込めた。 バシィッッ!!鋭い刺激を追いかけて尻に火が灯った。 刹那再び…バシィッ!バシィィン!! 間断なく次々と皮膚の上で爆発が起こっている。 熱い!叩かれると言うのはこんなに熱いのか… 女王様に滾らす想い以上の熱さを下半身から感じる。 もっと、もっと全身を、心を熱く滾らせて下さい! 「うがぁっ!うぐっ」 猿ぐつわでうまく鳴けない僕は女王様に感謝の言葉もおねだりも出来ない…。 「なあに?もっといい声で鳴きなさいよ!ほらっ!おねだり出来ないなら好きなだけしてあげる」ビシィッ!! 何も言わずに察してくれる女王様… 女王様の喜びを、痛みを通じて噛みしめる悦び。 僕が女王様を喜ばせているんだ! ありがとうございます! もっと僕を痛めつけてください!いじめてください! 僕にもっともっと女王様を喜ばせてください!! ジュッ…その瞬間、今度は今までに感じたことの無い熱を感じた… 意表をつかれ呻いただけの僕に弾む声。 「あれ、ありがとうは?」 「ばびばどうぼばいばす!」 「ちゃんと喋れっ!」ビシィィィィッ!! 「アグァッ!!」 背中と尻、そして心で今まで以上にない熱を感じる 僕が悦び、女王様が喜んでくれる。 こんな夜を幾度となく繰り返し、僕は女王様の虜になっていく… この喜びを、全身の熱を感じながら嬉しくなる。 バシィッ!! 終わらない熱を感じ続けたい。
飼育
コツン…コツン…甲高いヒールの音が鳴り響く… 私はブリーフ一枚土下座姿で立ち止まるのを待つ。 これが私の正装です。 「ただいま。ほら、お舐め。」 眼前に差し出されたレザーブーツ、私はねっとりと舌を這わさせて頂きます。 ゆっくり…ゆっくり…舐め漏らす様な事があってはなりません。 舌だけを使って丁寧に、丹念に。 「いい子ね。」 そう言うと貴女様は私の顔を両手で持ち上げて下さいましたね。 カチャカチャと音を立て首輪が装着されました。 「うん、素敵よ。」 首輪に繋がった鎖を引っ張り上げられ首が締め上げられる。 思わず零れた涎を見逃さず貴女様は言いましたね。 「なに汚してんの?どうするの?」 私は床に這い蹲り舐めました。 そんな私に貴女は私の股間に足先を押し当てて言いました。 「あらあらこっちからも涎が出ているじゃないの」 そう言ってグイグイと私の汚れた肉棒を押して下さいます。 「靴も床もベタベタよ。早くキレイにしなくちゃね。」 …全てを舐め終わり正座姿に戻った私を貴方様はブーツで蹴倒しました。 「ご褒美を与えてあげる。ちゃんと最後まで丁寧に舐めるのよ?」 仰向けになった私の眼前に、真紅の刺繍が近づいて参りました… 至福の香り…至高の柔らかさ…仄かな湿り気、感じられる全てを五感を使って最大限に味わわせて頂きます。 私はいつも、この瞬間の為に日々を生きていると、これこそが幸せなのだと実感するのです。
M'sのサイトに行く

M'sのギャラリー